循環ポンプの修理

こんにちは。三角です。

朝夕の気温も涼しく時には肌寒く感じる季節となりました。

早朝の霜もちらほらと。

そして、町行く人々の服装は秋いろに!秋のファッションを楽しむ季節でもあります。
しかし、日中の気温は長袖では、まだ汗ばむ日がまだまだ、体温調整難しいですね。
季節外れの風邪などには気をつけて行きたいと思います。
今回はここ十数年メンテナンスしていなかった冷温水循環ポンプです。

ポンプ部を外して!
汗だくで分解を試みるも、インペラ(羽車)が抜けず…(汗)
現場は、火気が禁止でやむなくお持ち帰りf(^^;
で、焼いては叩き!焼いては叩き!
と、まるで鍛治屋さんです。
(トントン!カンカン!)
2時間かけて何とか抜けました。(油圧プレス買おうかな…)
で!なんと言っても鉄の塊!1つ1つの部品が重い…全身を使っての作業です。

そして、分解!

ポンプシャフト(主軸)ベアリング諸々を新品に交換します。

中1日をかけて錆び落とし、組み立てまして。
再び現場へセット!

モーターとポンプの芯出し。これがまた地味だけど精度を必要とする作業です。芯が出ていなければ数分にして異音が出て重大な故障につかながります。大事な作業の1つ!

そして、仕上げの補修塗装。
そして、完了!

世のポンプ屋さんは日々頑張っています。
機械室の奥で『トントン🎵カンカン🎵』と汗をかきながら!建物の環境維持に努めています事を!

帰りはなぜか、山口百恵さんの『秋桜』を鼻歌まじり運転しながら帰路に(笑)

秋桜かぁ~🎵
ありがとうございました!
では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です