旧湧清水20型修理

こんにちはわーい(嬉しい顔)
お盆が過ぎ、まだまだ残暑が厳しい中『そろそろ私の出番かカラオケ』かと言うようにツクツクボウシの鳴き声がるんるんちらほら聞こえてきましたわーい(嬉しい顔)
もうすぐ秋、『食欲の秋』『スポーツの秋』『秋の夜長』とありますが、私はもっぱら、『秋の夜長に虫の鳴き声を聞きながらの一杯ビール』ですかねわーい(嬉しい顔)

今回は旧湧清水20型ユーザー様より、予算の節約の為、今回は修理でとの事で制御盤と、撹拌モーターの取替を致しました。次回は更新を考えるそうですわーい(嬉しい顔)

鑑賞魚用自動逆洗池ろ過装置  旧湧清水20型です
電装品が老朽化しておりにはけたたましい音どんっ(衝撃)がしていました。

旧型制御盤です。

取り外します。

新型の制御盤ぴかぴか(新しい)です。今はこうなっているんですねわーい(嬉しい顔)

制御盤取替完了ぴかぴか(新しい)
ダイヤルスイッチがプッシュスイッチに変更されています。機能は変わらず圧力スイッチによる制御となっております。

次は撹拌モーターですわーい(嬉しい顔)撹拌の度にジーコジーコとベアリングの油切れの音がたらーっ(汗)

取り外します。

ニューモーターですNEWぴかぴか(新しい)

こちらも完了ぴかぴか(新しい)

湧清水修理の度に思うのですが、湧清水を止めている間は鯉の動きが鈍くなっている様に思います。
そして、機械が動きだすと機嫌良く泳ぎます。やはり違うんですよね、あるのとないのではわーい(嬉しい顔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

井戸清掃工事

次の記事

湧清水20型設置工事