深井戸ポンプ取替


ポンプが壊れて現在使われていないボーリング井戸

お客様より。

先代が住まわれていたお家の井戸を復活したいとの事でご連絡をいただきました。

 

 

 

そもそも何で井戸を廃止して水道に切り替えたのでしょうか?

 

この井戸は復活をするのでしょうか?

 

水質によっては何に活用できますか?

 

色々と話し合いました。

 

後はやってみない事には前に進めません。

井戸涸れしていなければと祈るばかりです。

先ずはポンプの撤去から

ポンプ撤去

深井戸ジェット部も引き上げて、

24m先にジェット部があります。そう24mのパイプをすべて引き上げます。

ジェット部上部

 

すべて引き上げます。

 

ジェット部撤去

 

 

UFE-300S

ここからは水中ポンプユニットUFE-300Sへの取替

ジェット部と同じ深度へポンプを下ろします。

 

USE-300T

 

地上部を組みまして(^-^)

 

完了です。

完了

 

電源を投入しポンプを稼働させました。

心配していた井戸枯れの心配もなく、水量も申し分ありませんでした。

水質検査次第でお水の使い道、付加設備が必要か等を話し合います。

ホント!お水が出て良かったです。

 

ハロハロハロ

先日車を走らせていましたら…

夕日の周りに

車を止めて写真に収めました。

ハロ

少し調べてみると、何かしらの現象らしく名前は『ハロ』と言うらしい。

おおぉ~

初めて見たぞハロとやらを!

明日はきっと良い事あるぞ!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です